悪徳な消費者金融にはご注意


破産と多重債務
陥りやすい心理
悪徳な消費者金融
にはご注意
一本化の意義
貸金業者は
回収してなんぼ
どこまで支払う
必要があるか
財産隠しはNG
自己破産以外の
債務整理
 
内緒で破産は
可能か?
自己破産できるか
できないか
破産する前に
離婚したい
悪質な取立て

悪徳な消費者金融にはご注意



過払い請求の言葉は、
ずいぶんメジャーになりました。
比較的契約内容や返済内容が証明しやすく、
過払いの額も計算すれば出てくることから、
裁判でも過払いが認められることが多いです。


絶対とは言い切れませんが、
大手金融機関で過払いに
なることはあまりありません。
その分、消費者金融では驚くような
契約内容なことも多々あります。

例えば1年の返済期限で100万円借ります。
利息制限法による金利は、上限15%です。
1年後115万円返済しなくてはなりません。
回収にきた業者は、115万円新規に
貸し付けて返済に充当するといいます。


翌年もその翌年も、数年同じことが続きます。
5年経った時点で
借金の総額は200万を超えています。
1年あたりの利息相当分は
20万円を超えることになり、
上限15%をはるかに超えます。



最初から5年で100万円なら
75万円の利息で済むはずが、
100万円以上の利息を支払ったことになるのです。


その上借金はなくなっていません。
消費者金融の主張は、
「1年ごとの新規契約なので、
利息制限法には触れない。」です。


確かに1年ごとの契約で見ると、
上限15%の金利を守っていますから、
それなりの筋は通る気がします。

この事例では、過払いが認められました。
しかし似た事例で
いつも過払いが認められるとは限らない、
法をかいくぐった手法です。
いかなるマジックを使ってくるかわかりません。
十分、ご注意を。