財産隠しはNG


破産と多重債務
陥りやすい心理
悪徳な消費者金融
にはご注意
一本化の意義
貸金業者は
回収してなんぼ
どこまで支払う
必要があるか
財産隠しはNG
自己破産以外の
債務整理
 
内緒で破産は
可能か?
自己破産できるか
できないか
破産する前に
離婚したい
悪質な取立て

財産隠しはNG



破産とは、そもそも支払不能に
陥った人の財産を管理・換価し、
債権者に公平に分配する法的倒産処理手続です。


なので、自己破産したからといって、
当然のように借金がチャラに
なるわけではないのは、ご存知の通りです。
支払いを免れるには、
免責が認められる必要があります。


このとき、破産管財人への
費用も支払えないほど財産がない場合は、
同時廃止、そうでない場合は、
破産管財人が財産を管理・換価等します。


破産後の生活保障のため、
生活に必要な最低限度のものまで
差し押さえられることはありません。
しかしそれ以外の有価値なものは、
差し押さえられ、処分等される可能性があります。



それを逃れるために、配偶者や子どもに
贈与したり名義変更したり、現金化したり。
不当な財産隠しは、免責不許可事由になります。


免責が認められないと、
破産はできても支払い義務、
つまり借金は残ります。
自己破産するほとんどの人が、
免責を目的としていると思います。
免責が不許可なら、
自己破産する意味が
ほぼないという人も多いでしょう。

不当な財産隠し、虚偽の申告は、絶対にNGです。
そんなつもりじゃなくても、
そう思われるような行為もNGです。
具体的な詳細は、事例によるので、
判断しかねるものがあれば、専門家に相談しましょう。